分光計器株式会社では、透過・反射測定、発光分析、照射分光などのアプリケーションに、豊富なデバイス群(光源・モノクロメータ・検知器・ソフトウェア)を目的に合わせて組み合わせることで、お客様専用の分光測定システムが構築できます。ホームページに掲載している製品は、ほんの一例です。是非、一度ご相談を下さい。

 

 

 

東京都産業労働局の「輝く技術 光る企業」にて分光計器が紹介をされました。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  • 誠に勝手ながら、2019年4月27日(土)~5月6日(月)までゴールデンウィーク休暇とさせて頂きます。この期間に頂きましたお問い合わせにつきましては、5月7日(火)より順次ご対応をさせて頂きます。あらかじめご理解・ご了承のほどよろしくお願いいたします。
  • 2013/5/31  ホームページを一部リニューアルしました。

 

 


 

<  NIJI-2  波長可変光源 >

紫外・可視・赤外光を1台で照射可能です。(300~1150nm)波長ダイヤルを廻すことで、照射したい波長を自由に選択出来ます。

 
 

< 真空紫外分光光度計 >

一般的な分光光度計では酸素の吸収により測定出来なかった200nmよりも短波長域を測定することが出来る分光光度計です。